×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚と体験談

結婚式における招待客

結婚式と言うと色々準備する事があると思うのだそうです。その中でも頭を悩まされるのが招待客に関する事ではないでしょうか?誰をどの位の人数呼べばいいのだろうか?とか他の人はどうやって招待客を選んだのだろうか?相手側と自分側の招待客のバランスはどうすればいいのか?とか色々悩むと思いますね。

招待客に関する体験談をご紹介してみたいと思いますね。

先ず病院に勤めていたA子さんが職場結婚をしたそうです。相手の男性も病院の人で家族も医者と言う家柄でしたそうです。困ったのが招待客だそうです。新郎側が家柄なのかあまりにも多い招待客の人数になってしまって新婦側とのバランスが取れなくなってしまったのだそうです。でもせっかくと言う事で渋々了承したのだそうです。いざ披露宴になってみるとあまりにも新郎側の雰囲気が全面に押し出されてしまって新婦側が居場所を無くしたみたいになってしまったと言うのだそうです。こう言った体験談から考えさせられる事はバランスが取れてこそ良い結婚式になると言う物で偏ってはいけないと言う事だと思いますね。
再婚

ではこう言った経験を元にしてどうすればいいのかと言うと、基本的にはやっぱり招待客が少ない方の人数に合わせると言う事を実行出来れば良いのではないかと言う事になりますよね。お互いの親族や友人達も楽しく雰囲気良く披露宴を楽しむ事が出来ると言う物だそうです。それが出来ないのであれば立食形式のウェディングパーティーにしてみてはいかがでしょう?立食だとあまり人数も気にならないだろうし和気あいあいとすると思うしで良いと思いますよ。

こう言った配慮をするのも結婚式をする上で大切な事だと思いますね。

結婚式における招待客関連エントリー